過去問を解くタイミングは?【勉強方法】

みなさんからの質問で多いのが,「過去問を解く時間がない」というものです。

この質問の背景には,「インプット優先主義」があると推測されます。

よくあるのは,添付画像の青色の矢印の流れです。
アウトプット中心主義へ

「青」のライン(インプット中心主義)を採用し,講義の聴き直しを行えば,それだけで,講義と同じ時間使うことになります。

一方,「赤」のライン(アウトプット中心主義)を採用すると,講義の聴き直しと同じ時間で(もちろん個人差はありますが),「分からないところ」を明らかにすることができます(図中◎部分参照)。

試験対策においては,「分かっていること」を「分かっている」と確認することも大切ですが,「分かっていないことをあぶり出す」ほうが,もっと大切です。

そして,「分かっていないこと」をあぶり出すためには,問題を解いてみるのが手っ取り早いです。

「分かっていない」,「できない」などの状態は,ネガティブに捉えてしまいますが,資格試験対策においては,「できないこと=収穫」という定式が成り立ちます。

「できないこと」を明らかにし,テキストで理解を深め,それでも分からなければ講師に質問するというサイクルを繰り返していきましょう。

一方,講義の聴き直しは,「分かった」という感覚を与えてくれます(このことは,webフォロー制度の講義で聴き直すのも同じです)。

しかも,時間がかかるので,「勉強した達成感」を得られます。

しかしながら,「分かった」という感覚を持つのはいわば当然です。

たとえば,一度観た映画を,その直後に見直せば,「ストーリーは分かっている」となるでしょう。

講義の聴き直しでも,これと同じことが起こっています。

しかし,本当に分かっているか,あるいは,知識をつかいこなすことができるかというと,それは別の問題です。

資格試験は,「時間」をかければ受かるというものでもありません。重要なのは「成果」です。

どれだけ頑張ったとしても,その頑張りは試験委員は評価してくれません

試験においては,「点数」のみで合否を決めます。

毎日12時間勉強したAさんと1日30分だけ勉強したBさんがいたとします。

Aさんは,本試験で160点でした。一方,Bさんは,190点を取りました。

資格試験の世界では,Bさんの方が評価されます。

この点は,仕事と同じですね。

資格試験対策も,広い意味では「勉強」に該当するので,義務教育過程において「頑張り」が評価されていた感覚が抜けない方がいらっしゃいます。

しかしながら,資格試験は,「結果」が評価される厳しい世界です。

まずは,そのことを念頭において,「結果を出す」ためにどうすべきかを検討する必要があります。

試験突破に向けて受験生ががやるべきなのは,「問題を解くことができるようになること」です。

とすれば,直ちに「問題を解く」ということに着手すべきです。

ここで,「解く」というのは,「読んでみる」と同じ意味に理解してください。

サッカーが上手くなりたければサッカーをします。絵を描くのが上手くなりたければ絵を描きます。

これらと同様に,「問題が解けるようになりたければ,問題を解く」しかありません。

テキストの読み直しをしているのは,「サッカーが上手くなる方法」というタイトルの本を読んでいるのと同じです。

これを繰り返していても,いっこうにサッカーは上手くならないでしょう。

ここまでの検討から明らかになったとおり,「問題を解く」,すなわち,「アウトプット中心主義」を採用することをオススメします。

「勉強=教科書を読む」ということが癖になっていませんか??

勉強のやり方に関する「癖」を修正していくことが必要です。

野球で言えば,フォームを修正することで,ボールをまっすぐ投げたり,より遠くに飛ばしたりできます。

そういうイメージで,勉強の癖も「アウトプット中心主義」に修正していきましょう。

次回も,このあたりの勉強方法について,記事を書く予定です。



桜の写真

画像は,先日整体に行った帰りに撮った写真です。

月1回,整体に行くのですが,こういう休める時間を意識的に作っておくことで,オンとオフのメリハリがつけられます。

受験対策を効果的に行うためにも,オフの過ごし方も重要になってきます。

オンとオフを充実させて,試験で好結果を出してください!


多くの方に読んでいただくために,ランキングにご協力いただけると助かります。
下記バナーをぽちっとしてください。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村

テーマ : 行政書士試験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
法律学習コンサルタント。 司法試験,行政書士試験,公務員試験,自治体法務研修,学校リスクマネジメント研修等。

安田貴行

Author:安田貴行
行政書士試験を突破しましょう!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR