連帯債務・保証・連帯保証と時効中断①【民法】

連帯債務・保証・連帯保証と時効中断①

連帯債務等と時効中断が苦手な方が多いので,解説する記事を書いておきます。

本日は,「連帯債務」の部分です。

ポイントは,「連帯債務において,一人に生じた事由は,原則として,他の人に影響を及ぼさない」ということです。
すなわち,原則として相対的にしか効力が生じません。

それゆえ,「債務の承認」がなされても,その時効中断効は,債務の承認をした者との関係でしか生じません。

(なお,債務の承認は,147条3号で時効中断事由とされています。その点は,具体例とともに,別途復習しておきましょう。)

一方,債務の弁済など,例外的に,一人に生じた事由や,一人が行った行為が,他の連帯債務者に影響を及ぼす場合があります。つまり,「絶対効」が生じる場合があります。

その一例として,434条で定められている「請求」が挙げられます。

ここで,どうしてこの論点を間違えてしまうのかを考えてみると,おそらく,「債務の承認」も「請求」も「時効中断」という点で共通しているため,勝手に「承認も時効中断効が生じるのだから絶対効が生じる」という勘違いが発生しているのだと推測されます。

似ているものを,勝手に結びつけてしまうことは多々あるので,そういうことはないように注意しましょう。

画像である程度整理できると思いますので,参考のうえ,論点を整理しておいて下さい。

重要なのは,434条は,「請求」としか定めていない点です。
「承認」とか,「時効中断効」などと定めていません。

こういうところを意識して押さえていけば,連帯債務と時効の関係を間違えることはないと思います。

何度も何度も間違えてください。

間違えないと覚えられません。

間違えを恐れて問題演習しなければ,ずっと,「苦手」なままです。

この論点は,覚えてしまえば確実に正解させられますので,プロ野球選手になるための「ノック」のように,数え切れないくらい整理を試みましょう。

押さえ方のコツは,何もない紙に,画像のような整理を書けるかどうか自分でテストを行うことです。

書けるようになれば,択一式や記述式で出ても,間違いなく正解させることができるでしょう。

このブログの記事も利用しつつ,「苦手」を「得意」に変えてください!!



多くの方に読んでいただくために,ランキングにご協力いただければ幸いです。
ポチッと押してください。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村

テーマ : 行政書士試験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
法律学習コンサルタント。 司法試験,行政書士試験,公務員試験,自治体法務研修,学校リスクマネジメント研修等。

安田貴行

Author:安田貴行
行政書士試験を突破しましょう!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR