農地買収と民法177条【#行政法】

行政法において,「農地買収処分が出てきた⇒民法177条の適用がある」という知識の押さえ方は危険です。

事例によっては,農地買収処分が出てきても,177条の適用があります(最判昭39.11.19,最判昭41.12.23)。

事例を読めば分かるはずですが,多くの受験生が引っかかるようです。

試験委員は,「単純暗記でどうにかしよう」という受験生を揺さぶってきます。

そのような受験生を受からせたくはないからです。

テキストに載っている事例を図式化しながら,整理していくようにしましょう。

なお,上記判例については,入門用インプット講義のテキストに掲載されています。
各自チェックしておきましょう。



法律系資格突破の方法論はこちらでどうぞ。
→「オンラインサロン」はこちらから!1カ月で退会も可能です。まずは,お気軽にお立ち寄りください。

多くの方に読んでいただくために,ランキングにご協力いただけると助かります。
下記バナーをぽちっとしてください。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村

テーマ : 行政書士試験
ジャンル : 学校・教育

連帯債務・保証・連帯保証と時効中断②【#民法】

本日は,保証と時効中断について見ていきます(連帯債務・保証・連帯保証と時効中断①はこちらから)。

保証と時効中断をマスターするためには,「付従性」の概念を理解することが重要です。

「付従性」の定義を何も見ないで書けるでしょうか??

書けない方は,各自テキストを確認するようにしましょう。

保証と時効⑴


その考えを活かせば,「丸暗記」しなくても,事例を分析していくことができます。

ポイントは,ある行為が,主たる債務者が行ったもの(主たる債務者に対して行われたもの)か,保証人が行ったもの(保証人に対して行われたもの)かを,正確に読み取ることです。

「請求」でも「承認」でも,主たる債務者が行ったものであれば,「付従性」によって,保証人に効力が及びます

まずは,このことを正確に押さえておきましょう!

保証と時効⑶


保証と時効⑵



受験生同士で勉強の方法論について意見交換をしています。
→「オンラインサロン」はこちらから!

画像は社労士試験のスレッドの一部です。
このように,様々な勉強方法の検討スレッドや,オリジナル問題をアップしているスレッドもあります。

IMG_1498.jpg
IMG_1499.jpg
IMG_1500.jpg
IMG_1501.jpg

「オンラインサロン」はこちらから!1カ月で退会も可能です。まずは,お気軽にお立ち寄りください。

多くの方に読んでいただくために,ランキングにご協力いただけると助かります。
下記バナーをぽちっとしてください。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村

テーマ : 行政書士試験
ジャンル : 学校・教育

noteの感想を頂戴しました【憲法】

わたしが執筆している判例「で」学ぶことができる「行政書士試験合格ゼミ【Y−Method実践編】」。

感想を頂戴しましたので,紹介したいと思います。


安田先生のnote、先日憲法を購入しました。

判例は数えるくらいしか見たことがなく、読み方や接し方がわからなくて戸惑っていましたが,長い判例文の合間合間に安田先生の解説があり、途中で苦しくならなかったです。

答練までは通学はしないですが、noteで途中ほっと一息つきながら、やっていけそうな気がしています!


「長い判例文の合間合間に…解説」というのがポイントです。

判例学習で迷われている方は,一度お試しください。

FullSizeRender_20170411230435809.jpg


FullSizeRender-2.jpg


FullSizeRender-1.jpg




多くの方に読んでいただくために,ランキングにご協力いただけると助かります。
下記バナーをぽちっとしてください。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村

テーマ : 行政書士試験
ジャンル : 学校・教育

過去問を解くタイミングは?【勉強方法】

みなさんからの質問で多いのが,「過去問を解く時間がない」というものです。

この質問の背景には,「インプット優先主義」があると推測されます。

よくあるのは,添付画像の青色の矢印の流れです。
アウトプット中心主義へ

「青」のライン(インプット中心主義)を採用し,講義の聴き直しを行えば,それだけで,講義と同じ時間使うことになります。

一方,「赤」のライン(アウトプット中心主義)を採用すると,講義の聴き直しと同じ時間で(もちろん個人差はありますが),「分からないところ」を明らかにすることができます(図中◎部分参照)。

試験対策においては,「分かっていること」を「分かっている」と確認することも大切ですが,「分かっていないことをあぶり出す」ほうが,もっと大切です。

そして,「分かっていないこと」をあぶり出すためには,問題を解いてみるのが手っ取り早いです。

「分かっていない」,「できない」などの状態は,ネガティブに捉えてしまいますが,資格試験対策においては,「できないこと=収穫」という定式が成り立ちます。

「できないこと」を明らかにし,テキストで理解を深め,それでも分からなければ講師に質問するというサイクルを繰り返していきましょう。

一方,講義の聴き直しは,「分かった」という感覚を与えてくれます(このことは,webフォロー制度の講義で聴き直すのも同じです)。

しかも,時間がかかるので,「勉強した達成感」を得られます。

しかしながら,「分かった」という感覚を持つのはいわば当然です。

たとえば,一度観た映画を,その直後に見直せば,「ストーリーは分かっている」となるでしょう。

講義の聴き直しでも,これと同じことが起こっています。

しかし,本当に分かっているか,あるいは,知識をつかいこなすことができるかというと,それは別の問題です。

資格試験は,「時間」をかければ受かるというものでもありません。重要なのは「成果」です。

どれだけ頑張ったとしても,その頑張りは試験委員は評価してくれません

試験においては,「点数」のみで合否を決めます。

毎日12時間勉強したAさんと1日30分だけ勉強したBさんがいたとします。

Aさんは,本試験で160点でした。一方,Bさんは,190点を取りました。

資格試験の世界では,Bさんの方が評価されます。

この点は,仕事と同じですね。

資格試験対策も,広い意味では「勉強」に該当するので,義務教育過程において「頑張り」が評価されていた感覚が抜けない方がいらっしゃいます。

しかしながら,資格試験は,「結果」が評価される厳しい世界です。

まずは,そのことを念頭において,「結果を出す」ためにどうすべきかを検討する必要があります。

試験突破に向けて受験生ががやるべきなのは,「問題を解くことができるようになること」です。

とすれば,直ちに「問題を解く」ということに着手すべきです。

ここで,「解く」というのは,「読んでみる」と同じ意味に理解してください。

サッカーが上手くなりたければサッカーをします。絵を描くのが上手くなりたければ絵を描きます。

これらと同様に,「問題が解けるようになりたければ,問題を解く」しかありません。

テキストの読み直しをしているのは,「サッカーが上手くなる方法」というタイトルの本を読んでいるのと同じです。

これを繰り返していても,いっこうにサッカーは上手くならないでしょう。

ここまでの検討から明らかになったとおり,「問題を解く」,すなわち,「アウトプット中心主義」を採用することをオススメします。

「勉強=教科書を読む」ということが癖になっていませんか??

勉強のやり方に関する「癖」を修正していくことが必要です。

野球で言えば,フォームを修正することで,ボールをまっすぐ投げたり,より遠くに飛ばしたりできます。

そういうイメージで,勉強の癖も「アウトプット中心主義」に修正していきましょう。

次回も,このあたりの勉強方法について,記事を書く予定です。



桜の写真

画像は,先日整体に行った帰りに撮った写真です。

月1回,整体に行くのですが,こういう休める時間を意識的に作っておくことで,オンとオフのメリハリがつけられます。

受験対策を効果的に行うためにも,オフの過ごし方も重要になってきます。

オンとオフを充実させて,試験で好結果を出してください!


多くの方に読んでいただくために,ランキングにご協力いただけると助かります。
下記バナーをぽちっとしてください。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村

テーマ : 行政書士試験
ジャンル : 学校・教育

体の声を素直に聞く【勉強方法】

生姜湯

勉強は「頑張るもの」と思っている方も多いと思います。

そのような側面があるのはそのとおりですが,頑張らなければならない状態が続くと,継続できなくなるのも,また事実です。

プロのスポーツ選手も,休養することが重要なのはいうまでもないでしょう。

行政書士受験生の方の多くは,仕事をしながらの受験だと思います。

そのような仕事をしながらだと,勉強の疲労度も高くなってしまいます。

そこで,意識して勉強を「セーブ」することが重要になります。

たとえば,「頭痛がする」,「眠たい」,「胃もたれがする」…など,体が不調のサインを出しているときには,「早めに寝る」ようにしてください。

脳の疲れは,自覚しにくいです。自覚がないゆえに「頑張れる」のですが,その反動は大きいです。

疲れ切ってしまうと,回復までにかえって時間がかかってしまいます。

「頭痛」等がするときは,「頑張る」のではなく,早めに休みましょう。

「でも,頑張らないと計画どおりに進まない…」という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし,体が悲鳴をあげるような計画は,そもそも無理があったといわざるをえません。

「できる範囲で理解したものを使って,試験問題に取り組む」という方針が望ましいでしょう。

そもそも,満点を取れる試験ではありません。

過去問,答練,模試の復習をしっかり理解していれば,自ずと合格点に届くでしょう。


なお,勉強のお供に「ドリンク剤」,「コーヒー」を利用している方が多いと思います。

しかし,カフェインは,一時的には効きますが,休息の先送りになっているだけです。

実は,私も,仕事中にドリンク剤を利用しまくっていた時期があったのですが,結局,疲れが取れず,体調を壊すことにつながりました。

現在は,ドリンク剤を一滴も飲んでいませんが,カフェインを取らなくなったおかげか,睡眠の質があがり,疲労をしっかりと回復させることができています。

私自身は,「生姜湯」を飲んでいます。

冬も体が温まりますし,夏の時期も,冷房で体が冷えますので,お勧めです。

私が普段飲んでいるものを紹介しておきます。



体を冷やさず,早めに寝ることで,疲労回復させながら,受験を乗り切ってください。

多くの方に読んでいただくために,ランキングにご協力いただけると助かります。
下記バナーをぽちっとしてください。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村

テーマ : 行政書士試験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール
法律学習コンサルタント。 司法試験,行政書士試験,公務員試験,自治体法務研修,学校リスクマネジメント研修等。

安田貴行

Author:安田貴行
行政書士試験を突破しましょう!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR